2017年06月19日更新

ワンランク上のカラーをしたい方にオススメ♪知ってて損しないトーン別ヘアカラーの印象。

ヘアカラーのトーン(色調)によって、印象はがらりと変わります。なりたい女性像に合わせてヘアカラーを選ぶのも楽しいですね!!学芸大学駅の美容室Purene(ピュアーネ)に所属する美容師が詳しく説明しちゃいます♪ 

  • 追加

5~7トーン(深い色味)の印象

皆さんのイメージ通りかもしれませんが、この深い色味は清楚感を演出してくれます♪

色持ちは、ダメージレベルにもよりますが、だいたい2ヶ月半~3ヶ月程度になります★

色味としては、深く染めていくので、高い明度のカラーより色のニュアンスはわかりづらくなってきます。

少し重みのある、しっとりとした質感で落ち着いた雰囲気のトーンです★

8~10トーン(王道)の印象

ヘアカラーにおいて、「暗めで!」や「明るめで!」という注文がない場合、この領域のヘアカラーを使う美容師さんがほとんどかと思います。

なので、一番王道のトーンと考えていいでしょう。


8トーンは、オレンジみの中に黄みを感じるトーン。
やや透明感が出て、ある程度の色味はキレイに発色しますがアッシュやグレーなどの完全寒色系を再現するのはやや苦手な領域です。

10トーンは、黄みベースにわずかなオレンジみを感じるトーン。
ここまでトーンを上げれば、寒色系の色味もキレイに発色し始めます!
ただし、深い色味を表現するのは苦手な領域です。


このトーンの印象としては、優しく柔らかいナチュラルな印象。
やや透明感も出ますので、ブリーチはしたくないけど透明感が欲しい方はこの領域をオススメします♪

色持ちは約1ヶ月半~2ヶ月半

ちょうど皆さんがイメージしている周期だと思います♪

11トーン以上(ハイトーン)の印象

このトーンは、最近のキーワード「外国人風」を表現してくれます。

圧倒的な透明感と、オシャレさを演出♪
基本的にはあらゆる色味の表現が可能になります!

色持ちとしては約3週~1ヶ月半


ヘアカラーのクオリティーをグッと上げる代わりデメリットとして、現在の色味や残留色素によってはダブルプロセスカラーが必要、それに伴うダメージがあります。

この領域のカラーは、多少のダメージは覚悟できている方の、いわば特権になります!

暗めのカラーをしている方よりも、ケアを頑張る代わりにカラーのクオリティーをあげる、といった感じです。

ちなみに最近人気のブルーグレーのような色味は、1度高明度にあげてから、ガッツリ深いグレー系のカラーを使用します。

ワンランク上のカラーをしたい方にオススメ♪

学芸大学駅で美容室をお探しなら!

オススメの記事chouchou(シュシュ)|女性向け情報発信メディア注目まとめ

シェアする気になったらシェアする

ツイート

ユーザー情報ユーザーの紹介

sepia-hiro-s

原宿、表参道エリア勤務後、モデルなどの業界系担当やセミナー講師などフリーランススタイリストとして数年間活動。現在は東京、学芸大学のサロンPurene(ピュアーネ)に勤務。お出かけがもっと楽しくなる、そんなヘアスタイルをお届けします*

美容業界専門カテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ